首イボ 市販薬よく効く塗り薬

首イボ 市販薬よく効く塗り薬はコレで決まり!

このサイトでは首イボに悩む人によく効くとウワサの塗り薬を紹介したいと思います。気になる首イボもこれでしっかり解消しましょう!

 

首イボ 市販薬よく効く塗り薬ランキング

クリアポロンの特徴

イボケアとその後のスキンケアが一緒にできてしまう!

その理由も美容成分配合のクリアポロンだからできる技!
あんずエキスやWヨクイニンパワーがポツポツやざらざらやイボケアに効果的なのです。
香料・着色料・パラペン・鉱物油・アルコール・紫外線吸収剤などの6種類の無添加にこだわっているので、低刺激だから全身ケアにも使用可能なイボケア商品です。
180日間返金保証付きだから、お肌に合わない場合も安心して使えます。

価格 初回1,800円
評価 評価5
備考 ※価格は定期コースのもの

艶つや習慣 50代〜向けLP URL1

艶つや習慣の特徴

スキンケアと角質ケアが一緒にできてしまうオールインワンタイプのイボケア商品が艶ツヤ習慣です。

120グラムの大容量だから子供から大人も使えてコスパは最強です。
ハトムギエキスにあんずエキスが配合されていてザラザラ・ポツポツ対策には最適な商品です。

価格 初回2,052円
評価 評価4
備考 ※価格は定期便のもの
ぽろぽろとれる杏ジェルの特徴

歳と共に現れてくる、目元・口元・首まわりのポツポツやイボ、その古い角質によるくすみやポツポツをなくすことにアプローチしてくれるジェルです。

消しゴムのかすの様に古い角質を面白いようにからめ取りながら、潤いは残して汚れだけを取り除きます。

価格 2,500円
評価 評価3.5
備考 ※価格はボーナスコースのもの
シルキースワンの特徴

首・デコルテ・顔ににあるポツポツとしたイボに特化した美容ジェルクリームがシルキースワンです。

ハトムギエキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーでポツポツした嫌なイボを対策できます。
ジェルだけど、クリームのようなこっくりしたテクチャーの濃厚さの使用感が評判のシルキースワンです。

価格 初回2,980円
評価 評価3
備考 ※価格は毎月コースのもの

アンミオイル

アンミオイルの特徴

首やデコルテや顔にできてしまったポツポツ対策商品として楽天やヤフーショッピングでも高評価なのがアンミオイルです。

杏仁オイルに含まれるパルミトレイン酸という酸が、皮膚をなめらかで柔らかい肌に。
杏仁オイルにプラスして、月見草油やスクワランやヨクイニンエキス、ヨモギエキスなどのたくさんの美容成分もたっぷり配合されています。

価格 980円
評価 評価3
備考 ※価格はトライアル価格のもの

 

首イボができる原因は?なぜできる?対策は?

イボができる主な原因は、大きく分けて二種類あります。一つ目はヒトパピローと呼ばれるウイルス性のものです。HPVとも言われるもので、傷ついてしまった皮膚かの部分から侵入してきます。種類がたくさんあってこれまでに発見されている数は200種類以上にも及びます。他の人に感染してしまったり自分自身にあるいぼを大きくしてしまう恐れがあるので注意が必要です。
二つ目は非ウイルス性のもので、これは比較的大人に多い症状です。首イボもこのタイプに当てはまります。脇の下やわき腹、胸、鼠径部などといった首以外の部分にもできやすくなっています。主に皮膚が薄い部分にできるイボですが、良性となっているので他の人に感染する危険性はありません。一つだけできてしまうというケースもあれば、何個もできるというケースもあり人によって症状は様々です。大きさごとに名前が変わりますが、およそ2〜3mmの大きさのものを医学的にはアクロコルドンあるいはスキンタッグと呼んでいます。アクロコルドンはそれぞれの体質や老化の進み具合、紫外線によってできる時期が変わってきます。その他には摩擦が発生しやすい場所にもできやすい傾向があるので、できるだけ摩擦を起こさないことが大切です。

 

 

首イボは皮膚科で取ると値段はどれくらい?

首イボを皮膚科で取りたいと考えている場合は、イボの種類や大きさ、治療方法などによって値段が大きく変わってくるので、自分の状態に合わせて最適な方法で行うと良いです。盛り上がっていて茶色いしみのような形状の首イボは、ウイルスによるものではなく年齢を重ねて行ったり紫外線を浴びたりして肌が老化してしまうことが主な原因です。角質の部分が厚くなっていくことで、膨らんだ見た目となっています。老人性色素斑から首イボになってしまうというケースも多いです。悪性化することはなく良性のものとなっているので身体に重大な悪影響を及ぼすというわけではありませんが、放置しているとかゆくなるなどといった問題が起こることもあります。
男性・女性問わず中年以降を迎えた人に多く見られる症状です。60代になるとほとんどの人が発生してくる一般的なシミであると言えます。脂漏性角化症の場合は、炭酸ガスレーザーを用いて容易に治療することが可能です。その他には冷凍凝固術という液体窒素を用いた治療方法もあります。冷凍凝固術を使って治療を行った場合は、保険の適用となるので比較的安く済ませることが可能です。根源が細くなっているものは跡を残さずハサミで取り放題することもできます。皮膚科や治療方法などによっても異なりますが、10個程度のイボで値段は1000円程度です。

 

首イボを自分で取る方法は?

首イボを自分で取りたいと思っている場合は、いくつか方法があるので自分に合ったやり方で行うことが大切です。やり方の一つ目は、ハサミを使ってイボを切除するという方法です。小さなものの場合は痛みを感じにく出血することも少なくなります。使用するハサミは細菌感染を予防するためにも、清潔な状態にしておくことが重要です。サイズが大きすぎるものはその分リスクも上がってしまうため、小さめのものに限定して行いましょう。
二つ目は、糸を用いて根元を絞っていくという方法です。根元を絞ることで、栄養が届かなくなって徐々に働きを弱めていき壊死させます。突起になっているイボに効果があります。痛みもそれほどないので、痛みに弱い人でも安心です。通常であれば4日から1週間程度で壊死させることができます。時間が経過するにつれて自然に硬くなって小さくなっていきます。比較的安全性の高いやり方です。
三つ目は線香を使用してイボを焼くこと取り除くという方法です。5mmを超えないものに効果があるとされているやり方ですが、火傷などといった危険性が伴ってくるので十分に注意しながら行っていくと良いでしょう。
四つ目は市販薬を利用して除去する方法です。塗るだけで簡単に取ることができて便利です。
自分でイボを処理した後は、クリームなどを利用してアフターケアをしっかりとするようにしましょう。

 

首イボにはヨクイニンが効くって本当?

よくクビイボにはヨクイニンと呼ばれる成分が有効です。杏仁オイルが含まれているものも首にできたイボを取り除くことに有効なので、これらの成分が含有されているものを使用すると良いです。ハトムギの殻をとって粉末状に加工したものがヨクイニンです。
ヨクイニンは利尿作用があることで知られています。体内に蓄積している不必要な水分を身体の外に出すことで、新陳代謝を高める効果があります。首イボは角質が硬くなってしまったことで起こる症状ですが、硬くなった部分を和らげてくれる作用もあるので効果的です。
ヨクイニンの副作用は、下痢や胃の不快感などといったものが挙げられます。体質などによっては胃や皮膚などに問題が発生してしまう可能性もあるので注意が必要です。自分の肌に合わないと感じた場合は、直ちに使用を中止するようにしましょう。使うことを検討している場合は、まず始めに添付されている説明書をしっかりと確認して使用方法を厳守することが大事です。
効果が出る期間は人によって様々なので一概に断言することはできませんが、クリームや薬といったものは即効性があるわけではありません。肌のターンオーバーが行われる1か月から3か月程度と考えるようにしましょう。

 

首イボの予防方法について

老人性イボを防ぎたいと考えている場合は、いくつか覚えておきたいポイントがあるのでしっかりと内容を把握して理解を深めておくと良いです。予防方法の一つ目は、できるだけ紫外線を浴びないようにすることです。肌が老化していくことで首イボが発生しやすくなるため、外出するときは日焼け止めを塗るなどしてなるべく皮膚を傷つけないようにしましょう。
予防方法の二つ目は、クリームなどを塗って保湿をするということです。肌が乾燥してしまうと老化が進んでいき、老人性イボができやすい身体になってしまいます。一般的なクリームよりはヨクイニンや杏仁オイルなどといった成分が含まれているもののほうが効果的です。これらの成分は新陳代謝を促進して、皮膚が酸化してしまうことを防ぐ働きを持っています。
予防方法の三つ目は、首に摩擦などといった刺激を与えないようにするということです。首の周りの皮膚は薄くできており、ちょっとした刺激にも敏感です。摩擦が発生すると炎症を起こして表面が硬くなっていきます。そのことによって角質が取れにくくなって古い角質がそのまま残って首イボを形成してしまうので注意が必要です。マフラーやストールなどを使用する際は、肌に優しい素材のものを選択すると良いです。

 

以上を参考に首イボ対策、しっかりやっていきましょう!